Oh my 人生 (Oh my life)

小森悠矢の生活と人生ともろもろ。Life, daily experience and everything of Yuya Komori.

日本ブランドとベトナム元気。みなさん、ビンビンですか?

ベトナムメディア業界右往左往【週刊SK 2018-07-16】

f:id:yuya_komori:20180705095956j:plain

とうとう、うちの会社に本物のテレビマンがやって来た。
大阪の朝日放送の社員が人材交流という名目で1年間うちで働くことになったのだ。
同じテレビ業界とはいえ、文化はまるっきり違うのでお互いに刺激的だ。
日本流では信頼とブランドで仕事をするが、ベトナム流では元気と勢いで仕事をする。

 

文化の違いに戸惑いながら彼が最初に参加したプロジェクトは、ベトナム国外の市場を狙うYouTube番組プロジェクト。
うちのベトナムチームが、企画・スタジオ作成・キャスティング・撮影・編集・配信を5日でやってのける一部始終を見て彼は目を丸くしていた。こちらベトナム流では企画倒れは存在しない。企画を考えている時間があれば、とっととやって見て結果を見て判断。


ちなみに、この番組はすでに終了させたが、そのフィードバックを踏まえて新しい番組を3つ作っている。

僕の考えでは、魅了的な人が美味しい仕事を持って来て来た時に「いいですね、検討します」という対応をしては元気を疑われる。
そんな時は、「あざっす、ぜひ!」むしろ「あっ、思わずやっちゃいました」くらいが健康的だ。
ビジネスでも常に元気ビンビンでありたいものだ。

そんなビンビンが彼に伝染した。ベトナムで仕事を始めて2週間目にして、いきなり飛び込み営業を始めたのだ。
日本のテレビ業界でもひときわ年収の高い会社の社員が、インターンシップ生ばりに汗をかいている。
僕がアポ取りに3ヶ月かかったような場所に1日でアポとって提案までしてくる。
日本ブランドとベトナム元気の合わせ技。

これには僕も背筋が伸びる思いだ。

僕のチームは、エンタメ世界征服を標榜しているので、チーム名は「チャピオンチーム」。
彼や新しいメンバから学んで、もっともっといい仕事をしたい。
毎週新しい事業を立ち上げているので、毎週1人ずつ社員を増やしている。
こんだけやっていればそろそろホームランが出るはず。
加速を始めたチームは止まらない。合言葉は元気ビンビン。


宣伝:
YouTubeチャンネルにて、旅番組、美容・健康番組、ビジネス番組を開始します。
ターゲットは日本人もベトナム人も。いかがでしょうか?

趣味は人の携帯の覗き見。あと、月2回の海外旅行。

ベトナムメディア業界右往左往【週刊SK 2018-06-18】

34110796_1867869076608618_2468341816957599744_n.jpg

趣味は人の携帯電話の覗き見。あと、月に2回の海外旅行。
ベトナムに帰ってこれなくて月曜に出社できないときは、自費で市場調査に行っているんですと偉そうに言い訳。
そんな僕がアジアヤングの携帯から拾ったネタがTik Tokだ。
中国発の音楽動画SNSで、誰でも簡単におもしろ可愛い動画が作れるってやつ。
ベトナムでも若者に聞いたらみんな知っているというのに、30歳を超えた大人はみんな知らないという。
Googleトレンド急上昇、アプリランクはしれっと1位。中国から風が吹いている、ビジネスの匂いがした。
 
取り憑かれたように、フォロワーの多いインフルエンサーに片っ端からアポ。
「僕はTikTokを初めて1ヶ月で16万フォロワーになりました。毎日5000人ずつ増えています」
気づいたら僕は彼に現金を包んでいた。とっさにセミナー代ということにしたが理由はなんでもよかった。
機会があったら一緒に、、みたいなぬるい話は嫌だったので、その場でプロジェクトを作った。
とにかくこのチャンスを逃すと置いてかれるような気がしていた。法務の契約書も経理の承認も待てないから、全部ポケットマネーだ
それ以来、インフエンサーとあっては動画ポスト代、デモ代、サポート代とネタを探して現金をばらまいている。
中国から来たTikTok社の責任者をハノイで捕まえてより深い提携交渉、同時に社内の専属チームも作って営業。
 
ベトナムでは100kフォロワーを終えるインフルエンサーは30人もいないなんだけど、
1ヶ月でそのうち70%には仕事を出してパートナーシップ契約。どうにかベトナム暫定1位。
 
幸い同じスピードでタイアップ案件をもらっているから帳尻は合っているんだけど、
会社の経理が追いつかず僕の普通預金はそろそろ尽きそうだ。
まあドン定期預金を解約してでも、このチャンスでぶっちぎる腹づもりではいるけど。
定期預金は年利7%、TikTokerのフォロワーは週利10-20%だから迷いはない。
 
TikTokのアプリをダウンロードしてもらえばわかるんだけど、僕は「TikTokは人をクレイジーにするアプリ」と言っている。
有名なインフルエンサーは、輪をかけてクレイジーだから、この子たちとの関係を築くのがこれまたひと苦労。
15歳、18歳、20歳でおふざけが止まらないベトナムヤングと夜23時のカフェで何を話せばいいのか?
32歳の僕が試されているのは、スピードやお金よりも、若さかもしれない。
 
宣伝:
Tik Tokマーケティングを始めました。たった1投稿で30-100万再生、1万いいね。
無料トライアルのプランもあるのでお問い合わせください。

ベトナムエンタメだより Vol.8

*********************************************************************************************************************
ベトナムテレビ業界に転がり込んできて、右往左往の日本人・森悠矢がお送りするメールレポート。
この国ならではのエンタメ動向をお楽しみくさい。
ベトナムの流行を知り、時流に乗り、目指すはテレビやタレントを突破口にベトナム市場の開拓!
*********************************************************************************************************************
 
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ベ ト ナ ム エ ン タ メ  よ り  by MCV 
             Vol.8
                  2018年6月12日発行 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
 
◇◆◆ 1。この人、あれ? ◆◆◇
 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
テレビの仕事を始めたはいいけど、ベトナム有名人についてはさっぱり。
うちの番組に出ている人、スタジオですれ違う人、この人、あれ?
今をときめく有名人を取り上げ、掘り下げていく、人物ノート。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 
Minh Hang ー ミンハン
 
入れ替わりの激しいベトナム芸能界で10年以上のキャリアを積み重ねながら、
今もトップを走り続けている女性がいる。
トップモデルたちが美を競い合う人気TV番組「The Face」で
ホストを堂々と務め、プロフェッショナリズムを体現するセレブリティ。
 
minh-hang.jpg
ミンハン、1987年サイゴン生まれ。
身長165センチ、モデルとしては小柄な彼女がいかにしてThe Faceのホストにまで登りつめたのか。
 
10代の頃から歌手として芸能活動を始めるも大きな脚光を浴びることはなかった。
20歳の時に参加したDream Callという映画が大ヒット、女優として一躍時の人となった。
 
演技においてミンハンは決して手を抜かない。
高い表現力はもちろん、役柄に合わせて体型までもコントロールするその徹底ぶりで高い評価をうけている。
その後10年以上に渡り多くの映画・ドラマに出続け、
Mai VangやHTV AwardでThe Best of Actressの受賞を重ねていることからも彼女の安定した実力がわかる。
 
スキャンルの程度もちょうど良い。
ミュージックショーで口パクをしたとか、衣装がセクシーすぎるとか、
Ho Ngoc HaにTheFaceのホストを揉めたとか、
致命傷にならない程度の話題で常にニュースになっている。
ちなみに、音楽関係者に言わせると口パクって実力がないとできないらしい
 
日本資生堂のCMに起用されると箔がつくらしいが、
ベトナムと日焼け止めSunplayのアンバサーが特別な意味を持っているとのこと。
海辺で肌を露出して日焼け止めという、顔・スタイル・イメージの全てが求められる
難しい役柄をミンハンは完璧にこなしている。
 
こうした彼女のと経験と実績によって、2018年、THE FACEのホストを務めることとなった。
ホスト役の女性は3人いるが、他の2人はミンハンよりも10cm以上も身長が高い。
それでも写真撮影の際は、ミンハンがセンターでひとりハイヒールを履いて、ふたりは素足。
撮影中も他のモデルに技術指導。小さくたって存在感は人一倍
 
歌も、ンスも、スタイルも、飛び抜けて良いわけではないが、
なぜ彼女がここまで注目されるのか?その答えはThe Faceを見ればわかるろう。
 
 
◇◆◆ 2。テレビ屋MCVのこんなとこ! ◆◆◇
 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
急速に変化する人々の流行、ニーズ、感性に対応するのがテレビ屋のお仕事。
コンテンツを変え、キャストを変え、いつの間にかテレビ枠も飛び出して、、
テレビ屋MCVの動きの向こう側に、フツーのベトナム人の
生活(=時間の使い方とお金を使い方)が見えてくる気がするんです。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 
1)Tik Tok マーケティングはじめました
TikTok.png
ベトナムでアプリランクNo.1のTikTok。
15秒動画のクリエイティブ対決に若者が熱中しています。
僕らも波に乗って、ベトナムTopのTikTokerたちとパートナー契約を締結。
1つの動画が100万再生を超える破壊力、ぜひお試しくさい!
 
 
2)在米ベトナム人向けホームショッピング「MBC Network」始動
mbcnetwork.png
カリフォルニアを中心にアメリカには200万人ものベトナム人がいます。
彼らが生んトレンドがホーチミンに伝播し、
それがベトナム全土に広がっていくとはよく知られた話。
複数のベトナム人向けTVチャンネルと提携し、
次なるトレンドを作るためサプリメント通販をはじめました。

 
3)日越合作のホラー映画「GAMESHOW TU THAN」
GameShow.png
ホラー映画の人気監督である遊佐和寿氏とタッグを組み、
日越共同でのホラー映画制作がスタートしました。
遊佐監督の代表作「聖ゾンビ女学院」のエッセンスを引き継いで
ベトナム女子学生が日本でゾンビと戦うというストーリー。
ブランドタイアップなども受け中。
 
 
◇◆◆ 3。オフエアの土曜日 ◆◆◇
 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
テレビ屋さんで働き始めたはいいものの、業界を知らない新入りで、
やっぱりこの国ではビジターで、内と外のどっちつかずの「あいの人間」
テレビ屋の日々を振り返る小森悠矢の個人エッセイ、さあどうぞ。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 
エロは偉大
これをカルマというのろうか、世の人々と同じく僕もエロで時間を無駄にしてしまい、
あぁもったいないなと小さな後悔を繰り返していた。
 
それなら、これを投資にできないかと発想の転換
エロで仕事にできれば、自分がエロに使う時間は勉強時間ってことになる。
よくよく考えれば、エロは非言語エンターテイメント
スポーツ、音楽と同じくらいの可能性を秘めているが、そのエロが表舞台に上がることがあまりない。
超大衆向けのエンタメなのに、お金の動きが鈍い、もしくはアングラ化している。
注目度をお金に変える広告屋としてはここに金脈を見つけた気分。
調べてみると、世界最大のAVサイトはXVideosはGoogleを超えるアクセス数。
ベトナムって、一番有名な日本人はマリアオザワ。
ベトナム向けのマーケティングを一切していないのにこれけの知名度があるなんて、
有名になることに金と命をかけている芸能界をあざ笑うかのよう。
エロはマーケティング効率が絶大。そして、エロはブルーオーシャン
 
そんなことを考えていたら、仕事中もエロ、エロと口に出てしまって、
ボスやパートナーから冷ややかに見られていた。
でも、そうやってアンテナを張っていたから気づいたのかもしれない。
Juno.jpg
 
ベトナムの急成長企業はマーケティングに巧みにエロ要素を取り込んでいる。
柔らかい言葉で言えばセクシー系。
最近よく街で見かける靴屋Junoは筋肉マッチョ推し、
メンズ美容室の30shineはボインちゃん推しの動画がバズって人気がでた。
彼らは新興企業ながら2年で業界ナンバーワンを取っている。
Junoマッチョはモロ出ししないまでも、
筋肉隆々のマッチョが服を脱ぎ捨てながら全裸になってプレゼントを彼女に届けるという話。
やりすぎ感あるけど、このキャンペーンの8日間で84,000足売れたっていうんからね、勝てば官軍。 
 
そして、とうとう僕の番が回ってきた。
ベトナムエンタメ業界の社長連中との会食でエロビジネスに花が咲き、新プロジェクト発足。
さすが、仕事ができる人は、精力旺盛。豪傑、色を好む。
 
ベトナムビキニアイドル」という企画。いいとは思わないけどなんか気になる。
顔をしかめられるくらいのちょうどいい塩梅と思う。
エロというと反発する人が多いので、セクシーと説明してるが、どっちも一緒でしょ。
というか、エロと言わずにセクシーも言うやつのほうがエロい。
 
 
◇◆◆ 4。お知らせ ◆◆◇
 
1)在越邦人のためのフリーペーパー『週刊SK』で連載中
 ・発行日:次号は6月18日(ホーチミン)、19日(ハノイ
 ・連載タイトル:「ベトナムメディア業界 右往左往」
 
2)Tik Tok 勉強会(5月4日開催)の資料、動画を公開しました
   ♪コスパ10倍のマーケ術 TikTokトレンドの仕掛け方♪
 ・こんな動画がView数100万回 !?
 ベトナムのアプリウンロードランク1位
 
 
- -  ベ ト ナ ム エ ン タ メ  よ り  by MCV  - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 
 
◆編集・発行元: MCV Corporation  小森悠
        ◇◆会社紹介・メディアのまとめ >> https://bit.ly/2sXntXe ◆◇
 
◆お問い合わせ:y_komori@mac-c.co.jp  +84-126-715-8967  yuya_komori (Line, Skype)
 番組や広告・有名人に関するお問い合わせ、ご質問、お気軽に。
  
◆配信停止:
 本メールレポートは、小森悠矢と名刺・連絡先交換させていたた方にお送りしています。
 必要のない方は、お手数ですが本メールに「件名:送付不要」とし、ご返信くさい。
 
著作権
 「ベトナムエンタメより by MCV Co.」内コンテンツの著作権は、すべて編集・発行元に帰属します。
 本メールの内容の大部分または全部を無断転載、転送、再編集など行なうことはお控えくさい。
 また、引用は、出典を明記いたければ、問題ございません。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -