Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Oh my 人生 (Oh my life)

小森悠矢の生活と人生ともろもろ。Life, daily experience and everything of Yuya Komori.

キャリアの悩みは、キャリア教育のせい?

母校の学生が主催しているキャリアイベントに
アドバイザーとして遊びに行ってきました。

f:id:yuya_komori:20141019185652j:plain

かれこれ、4年くらい学生たちにお節介を焼いているわけだけど、
どうも気になることがありました。

 

年々、キャリアが見つからないと悩む学生が
多くなっているような印象を受けたのです。

 

家に帰ってからも、
学生はなんでこんなに悩むのだろう、という疑問が
こころの片隅にずっと引っかかっていました。


そんな話を行きつけのカバン屋ホソ井のマスターに話したら、
「時代って面白いねぇ」って笑ってました。

 

マスターが、仕事を始めた時代は高度経済成長期。
マスターは、家をついで当たり前のようにカバン屋になったし、
そうじゃない人だって中学を出たら、田舎から上野にわんさか集まって、
なにがしかの職に就いていたらしい。
キャリアの悩みなんてのは、たぶんなかったんじゃないか、とのこと。
就活の概念もない時代だから、当たり前か。

 

じゃあ、6年前に就活をしていた自分は、どうだったかというと、
流されて就活初めて、アクシデント的に今の会社に出会って、内定もらって、
まあ、それだけだった気がします。
昔の悩みなんていいように忘れただけでしょ、と言われればそれまでなんですが。

 

ただ、面白いのは、
当時の私は、今学生が頑張っているような業界研究も、自己分析も
知らなかったんです。やらなかったじゃなくて、知らなかった。

もしも、しっかり自己分析してたら、文系小僧がITなんて選ばなかったと思うんです。

 

これ、笑っちゃいますね。
カバン屋のマスターも私も知らかかったから悩まなかったってこと。


思えば、今のキャリア教育って、めっちゃ丁寧だけど、
これが、くせ者なんじゃないですか?

まず、確固たる自己を見つけて、明確なビジョンを持ちましょう、
そこに向かう過程が就活だ、っていわれるけど、
どうも悩める学生ってのは、ここを完璧にやらないといけないって思ってる気がします。
100点とまではいわなくても、合格点は超えないと、みたいな。

 

でも、誤解を恐れずにいうと、
自己分析しても、確固たる自己なんて見つからないよ!私だっていまだに自分自身への発見もあるし。
ビジョンもなくて当たりまえ、あったらラッキー。でも、わりとすぐ変わる、その程度のもの。
業界研究もおんなじね。私は、5年働いてきてやっとわかってきたところ。

 

身もふたもない話になっちゃうけど、
キャリア教育受けても、何もわからなくたって当たり前。
何か見つかったら、もうけもの。
そのくらいの気持ちでいたほうがいいんじゃないでしょうか。
準備万端の就活なんて、まずできないですよ。

 

でも、こんな無い無いづくしでも、進んでいいのだと思います。
進みながら、また見えてくるものもあるんじゃないかな。
人生ってそんなもんじゃなかと思うんです。

 

あー、こんな「逆さまのキャリアアドバイス」を
後輩の学生たちにしてあげられればよかったのに。
うー、採用担当をやっているのに、自分もまだまだ勉強不足です。

 

 

あと、うちの会社でもキャリアイベントやります。
お酒を飲みながらのカジュアルなやつ。

f:id:yuya_komori:20141019190245p:plain

何か見つけられたら儲けもの程度に期待していいですよ。