Oh my 人生 (Oh my life)

小森悠矢の生活と人生ともろもろ。Life, daily experience and everything of Yuya Komori.

リーミンウェイが教えてくれたこと(6)--最高の作品

さあ、プロジェクト・リビングルームにはまだまだ面白い人たちがやって来ました。

f:id:yuya_komori:20141214211506j:plain

とある家族連れ。ずいぶん疲れた様子でやって来ました。

お母さん

「もー、私たち芸術とかさっぱり分からなくて」

「ねー、どうやって見たらいいんだか。なんか疲れちゃったね」

お母さん

「洋服から糸が出てる展示の後に、石のやつあったじゃない。

あの石のロープみて、ここにもつながりってあるのね、何て言ったら

お母さん、それ石を固定しているだけよ!って、娘から言われちゃって。」

f:id:yuya_komori:20141214211829j:plain

「なんか恥ずかしかったね。あっ、ちょっとお父さん、寝ちゃだめだって!」

お父さん

「うーう、このソファが最高の作品だよ」

ゲラゲラ笑いました。

また新しい作品の見方を教えていただきました。

お父さん、ありがとう!

ちなみに、この展覧会の公開シンポジウムでミンウェイさんに直接質問させてもらう機会がありました。

「関係性という無形のものを扱っていますが、それゆえ作品の評価も難しいように思います。ミンウェイさんは、あなたの作品のなかでベストなモノはどれだと思いますか?」

ミンウェイさん

「それは君、次第さ」

うーんうーん、異次元の回答が返ってきました。

さすがミンウェイさん。

どうやって作品を見たらいいのかという娘さんの疑問にお答えすると、

お父さんのように見ればいいんだよ、となるんでしょうね。