Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Oh my 人生 (Oh my life)

小森悠矢の生活と人生ともろもろ。Life, daily experience and everything of Yuya Komori.

シャツと会社の選び方

以前の記事「プラダのカバンと就活」に思いのほか反響があって驚いています。

それにしても、カバンを見つめれば就活が見えてくるって面白いですね。

 

 

ひとつのものを深く見つめれば、地下水脈にたどり着き、

他のものの見方までわかってくる、世界って意外と単純なものかも知れません。

 

 

「Oh my 人生」と膝を打ちたくなる新しい発見を今日も探してみようと思います。

 

 

突然の告白ですが、

私はビジネスシャツを3枚しか持っていません。

 

社会人になりたての頃は、採用担当はお洒落じゃなくっちゃと思い、

シャツも20枚近く持っていました。

 

しかし、シンプルライフの考え方を知って以来、

本当に気に入ったもの以外は後輩や弟に譲り、気づけば手元には3枚だけ。

f:id:yuya_komori:20150205081333j:plain

 

どのシャツを残そうか、、、そんなときに参考にしたのは、

お世話になっているワイシャツ修理工房「梅屋ドレス」の考え方。

 

正しいシャツの選び方というページにこんなことが書いてありました。

 

 

 

  1.素材 2.サイズ 3.スタイルデザイン性 4.ディテール の順で選ぶ 

 

  まず、この順序で選べば、購入後で悔しい思いをしないで済みます。

  シャツ選びは、難しくありません。失敗するのは、たいていデザインや

  ディテールでシャツを選んだ時です。例えば、デザインやディテールの類を

  優先すると、サイズが合わないシャツを選んでしまったり流行遅れの

  シャツになり、結局着なくなってしまうという勿体無い結果になります。

 

 

たしかに、私の場合も、お洒落だけど窮屈で着心地の悪いシャツは、

ローテーションに入ってきませんでした。

 

ちなみに、素材が大事なのは、

素材がいいシャツは着るほどに体に馴染んでくるからだそうです。

 

私の手元にある3枚のうち1枚は、もう5年も着続けています。

途中、襟が擦り切れ、首が窮屈になったので、

梅屋ドレスさんに襟交換と首周りの調整をしてもらいました。

 

生地はと言うとすっかり柔らかくなり、シルクかと思うほどです。

今度私を見つけたら、触ってみてくださいね(笑

 

 

さあ、話は就活に飛んで、

学生からよくこんな質問を受けます。

 

「どうやって会社を選んでよいのかわからない」

 

会社を知れば知るほど、良い所、ちょっと合わないところが見えてくる。

就活を頑張る人ほど情報が溢れて迷ってしまうようです。

 

一般には、就活の軸を定めろと言われますし、

先輩からは、人で選ぶと良いよとアドバイスもらうと思います。

でも、それが難しいんですよね。

軸には自信が持てないし、どの会社の社員も魅力的に思えるので。

 

 

もしそんな風に迷っている方がいたら、

ひょっとしてシャツの選び方がヒントになるのではないでしょうか?

 

素材とサイズで選ぶ。

つまり、体に馴染むかどうかというフィット感を大事にする。

 

会社とのフィット感といえば

理念、社員、社風といったところでしょうね。

 

デザイン、ディーテイルは二の次ですよ。

会社選びのときに、流行や福利厚生ばっかり追っているようでしたら、

危険信号かもしれません。

 

フィット感を大事に会社を選んでいれば、後悔はしないはず。

私の5年間の採用経験を振り返っても、

うん、あながち間違っていない気がします。

 

悩める就活生の何かのヒントになれば嬉しいです。

 

ちなみに、今回の記事は、以前にいただいたコメントから着想を得ました。

ブログを書きながら、私自身も学ばせてもらっています。