Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Oh my 人生 (Oh my life)

小森悠矢の生活と人生ともろもろ。Life, daily experience and everything of Yuya Komori.

東京の真ん中の空間の時間

東京の真ん中でゆったりとした時間を過ごしています。

f:id:yuya_komori:20150303204800j:plain

日本の美を表現したこのホテルオークラのメインロビーは

戦後建築史に残る傑作であり、谷口吉郎の設計です。

鈴木大拙館の設計者、谷口吉生のパパさんですね。

どうやらホテルオークラは今年の夏に建て替えてしまうとのことで

その前にひと目見ておこうと思い来館したわけです。

建築批評はプロの方に譲るとして、

私が凄いと感じたのは、

「開放感」と「こじんまり感」が共存していることです。

f:id:yuya_komori:20150303204845j:plain

開けているのに安心できるって言うか、

こればっかりは体感してもらわなきゃ伝わらない気がします。

ナチュラルな居心地の良さがあって、

はじめて建築のディテールを楽しめるんでしょうね。

f:id:yuya_komori:20150303204919j:plain

というのも、ここの装飾は主張が控えめで、

調和を大事にしているので、

こちらがバリアを解かなくは染み込んでこないのです。

見て楽しむよりも、調和して楽しむ空間って感じです。

おっと、調子に乗って批評じみたことを語ってしまいました。

すみません。

さあ、

建て替えに関しては国内外で物議を醸しているらしいです。

文化的なこのロビーを守ろう、と。

私も建て替えはひどいと思います、、、と文化人ぶりたいですが

今回初めてここに来たわけで、とやかく言うつもりはありません。

建て替えニュースがなければ来ていなかったかもしませんし。

まずは出会いに感謝です。

ただ、幸か不幸か

建て替えたとしてもこれ以上のものは出来ないでしょうね。

美を手放す人に、さらなる美は掴めないと思うのです。

それでも、時代の終わりは、次の時代の始まり。

ホテルオークラが手放す美の覇権は、

どこが握るのでしょうか?

ネクストオークラ探しを楽しみたいと思います。

皆さんも建て替え前に、良ければ来館して見てください。

日本人ならきっと気に入ると思いますよ。