Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Oh my 人生 (Oh my life)

小森悠矢の生活と人生ともろもろ。Life, daily experience and everything of Yuya Komori.

スペイン巡礼 北の道4〜フレンチナイスガイのパスタ

膝が痛み出しました。

アスファルト歩きもこたえますが、一番は上り下りが多いことだと思います。

Ask your body.

初日のフレンチナイスガイのアドバイスが思い出されます。

いよいよカミーノ本番ということですね。

入念にストレッチして、コンプレッションタイツを履いて出発です。

f:id:yuya_komori:20150528024807j:plain

7時にアルベルゲを出ましたが、どうやら私が一番早いみたい。日本にいる時から6時間睡眠に慣れている私は、もっと寝ろと言われても困ってしまいます。アルベルゲの就寝が22時なので、どうしたって夜明け前に目が覚めてしまいます。

他の人より睡魔時間が短くて済むのは、荷物の軽量化により体力を温存できているからでしょう。

(私の通り名はTiny Bag Japaneseで定着しました)

雲の合間から差し込む朝日を眺めて進みます。

f:id:yuya_komori:20150528024857j:plain

序盤はウォームアップがてらゆっくり歩き、体があったまってきたらペースを早めます。

早いところ膝周りの筋肉がついてくれればいいのですが。

どうやら下りの時の歩き方にもコツがあるみたい。ドスンドスンと歩くと膝に負担がかかるので、衝撃を筋肉で吸収するように歩くとベター。確かに疲れますが、その分体も温まるので膝は楽になっていきます。

観光スポットを2つほど越えたところで、重要な問題に気づきました。

f:id:yuya_komori:20150528025149j:plain f:id:yuya_komori:20150529012244j:plain

私、キリスト教の歴史や文化を全く知らないのです!見た目が派手な建物ならリアクションできますが、オンボロ建物だと素通りです、本当に。

ただ、興味がないのに勉強するのはポリシーに反するので、マリア様とかペドロ様とか、ごめんなさい。

正直いって、パン屋さんの方がよっぽど魅力的です。まあ、パンはイエス様の肉なので、間接的にOKってことでお願いします。

これはお墓でしょうか。花を絶やさないのがいいですね。

f:id:yuya_komori:20150529012347j:plain

それにしても今日の山道は手加減なしでした。

だって、矢印が直進と言ってるのに道が塞がってるのですから。 f:id:yuya_komori:20150604184632j:plain 実はこれ家畜が逃げないようにしている柵なので、脇の扉から入れるのです。

ということは、そうです!中に入れば馬さんとお友達!!野花が綺麗です、小川が流れています。

f:id:yuya_komori:20150604184902j:plain

私有地をカミーノに開放してくれているのでしょう、こんな体験なかなかできないと感謝しつつも、注文の多い料理店パターンを警戒して足早に歩き去ります。

12時前に目的地デバに到着。観光センターでアルベルゲ登録を済ませ、チェックイン。

f:id:yuya_komori:20150604185032j:plain

デバのアルベルゲは鉄道の駅と直結しています。カミーノが文化的にも産業的にも街に根付いているんですね。

午後は恒例の街歩き。ビールとおつまみを仕入れて海岸を目指しているとフレンチナイスガイと再会!

彼とは約束していないのによく会うんです。なんか歌の歌詞みたい。

さらに夕食でもばったり。彼が持参した自炊セットで作ったパスタを分けてもらいます。スペインに来ての初パスタ、絶品です。

アルベルゲにはキッチンがないこともあるので、自炊セットを用意するのは賢い選択です。次回カミーノを歩くとしたら、モバイルバッテリーと懐中電灯の代わりに自炊セットにしようかな。

類は友を呼ぶってやつですね。

フレンチナイスガイは今30歳。シンプルライフの実践者で、IT系の仕事のかたわら趣味でピップホップミュージックを作っているそうです。そして料理が大好き。

聞いていて笑っちゃいました。ピップホップをアートに置き換えたらまるで私です。

ただ彼の方がより自由でアルベルゲに泊まることにもとらわれていません。テント持参で進みたい時には進む、素晴らしい景色に出会ったらゆっくり立ち止まる。そんな旅をしているようです。

また会えるといいな。

そういえば天気予報だと毎日雨なのに一度も雨に打たれていません。まあ、ありがたいのでいいですが。