Oh my 人生 (Oh my life)

小森悠矢の生活と人生ともろもろ。Life, daily experience and everything of Yuya Komori.

ベトナムエンタメだより Vol.5

*********************************************************************************************************************
ベトナムテレビ業界に転がり込んできて、右往左往の日本人・小森悠矢がお送りするメールレポート。
この国ならではのエンタメ動向をお楽しみくさい。
ベトナムの流行を知り、時流に乗り、目指すはテレビやタレントを突破口にベトナム市場の開拓!
*********************************************************************************************************************
 
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ベ ト ナ ム エ ン タ メ  よ り  by MCV 
             Vol.5
                  2018年1月7日発行 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
 
◇◆◆ 1。この人、あれ? ◆◆◇
 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
テレビの仕事を始めたはいいけど、ベトナム有名人についてはさっぱり。
うちの番組に出ている人、スタジオですれ違う人、この人、あれ
今をときめく有名人を取り上げ、掘り下げていく、人物ノート。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 
Quyền Linh ー クィンリン
 
「この番組のMCは国民的司会者です、あの番組のMCも国民的司会者です」
 
僕がこの会社に入社した半年前に、うちのプロデューサーから受けた説明
 
おお、うちには明石家さんまとかビートたけしみたいな感じのタレントがいっぱいいるのか、やるじゃん!
なんて思っていたけど、冷静に考えればうちらが作っている26番組全てに国民的司会者が登場したらテレビがパンクしちゃう。
 
有名タレントってのは本当けど、「国民的」ってのはプロデューサーの愛情表現。
、このオジさんけは、誰に聞いても間違いない。
 
埋め込み画像 2
 
 
クィンリン、1969年生まれ。俳優上がりの本当の国民的MC。
そして、奥さんや娘さんにめっちゃ優しいイクメンディ。
 
貧しさを努力で克服してきたので、
「貧しいベトナムのヒーロー」なんて呼ばれるほど、徳の高いキャラ、とスタッフの解説。
 
完璧な人間なんていないんよ、
ってあんなことや、こんなことがあるはず、と私の主張。
 
ということで、スタッフと一緒にこっそりネットで調べてみた。
 
クィンリンは、幼い頃から苦労が多く、両親の離婚、義父の他界、ド貧乏生活。
芸能大学に進学しても、空き缶拾いのアルバイト。
演劇コンテストで賞を取っても、十分な収入はなく、ま貧乏
それでも夢を追う姿勢に、徳ポイント+1点。
 
捨てる神あれば拾う神あり。
たまたま代役で担当した映画での主演で、一躍有名に。
飛躍は2005年、MCを務めたVượt lên chính mìnhという貧乏脱却バラエティ。
貧乏家庭のお父さんが課題に挑戦して、借金チャラと事業資金の融資を狙うというもの。
 
  私たち家族みんなで見ていたの。課題に挑戦している90秒は息ができなかったわ。と、スタッフ。
 
番組は大ヒット。クィンリンはMCオブザイヤーを3年連続で受賞
そう、クインリンこそ、貧乏脱却のヒーローそのもの。
ベトナム人の心を鷲掴みにして、希望を与えたので徳ポイントさらに+1点。
 
今では、うちでも4つの番組を担当してどれも視聴率は上々。しっかり稼いでいます。
その上、ボランディアでショーもやっている人格者。はい、徳ポイント+2点。
 
そういえば、昨年の日本旅行では、遊び方がわからなくて3泊4日をホテルで家族とずっと過ごしたんとか。
唯一の買い物が、たまたま入った仕立てスーツ屋さんで、なんとスーツを17着オーー。
遊び方を知らない感じが、これまた好感。
 
これまでスキャンルなし、正真正銘の徳高い系。
 
でも、光と影があるのが世の中の常。
影の部分は、彼の代わりに僕みたいな人が引き受けているわけか。バランス取れてるね。
 
 
 
◇◆◆ 2。テレビ屋MCVのこんなとこ! ◆◆◇
 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
急速に変化する人々の流行、ニーズ、感性に対応するのがテレビ屋のお仕事。
コンテンツを変え、キャストを変え、いつの間にかテレビ枠も飛び出して、、
テレビ屋MCVの動きの向こう側に、フツーのベトナム人の
生活(=時間の使い方とお金を使い方)が見えてくる気がするんです。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 
1)イベント制作会社を買いまし
埋め込み画像 3
 
先月の自社イベント(https://goo.gl/h3eDuA)でイベント企画の大変さを思い知って、
イベント制作会社を買いました。
記者会見、サンプリング、チームビルディング、音楽祭、商品ローンチ、なんでもござれ。
ローカル価格、ローカルスタイルでやっています。
 
 
2)テト元日、映画「Siêu Sao Siêu Ngố」公開
埋め込み画像 4
 
朝日放送と合弁で作ったMBCSという会社で、映画の出資やら制作やらやっています。
この映画を皮切りに年間8-10作品に関わっていきます。
 
テト元日(2月16日)に公開、CGV配給。
英語字幕も付いていますので、ぜひぜひ!
 
 
3)パンチdeデートTシャツ、販売開始
埋め込み画像 5
番組タイトル「パンチdeデート(Ban Muon Hen Ho? = Wanna date?)」を文字って、
「Anh muon hen ho (= 僕はデートがしたいです) 」とかわいくプリントされています。
 
初めて行くカフェでも店員さんがにっこりしてくれるので、効果あります。
129,000ドン(約650円)、ご購入はFacebookて。
 
 
 
◇◆◆ 3。オフエアの土曜日 ◆◆◇
 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
テレビ屋さんで働き始めたはいいものの、ま業界を知らない新入りで、
やっぱりこの国ではビジターで、内と外のどっちつかずの「あいの人間」
テレビ屋の日々を振り返る小森悠矢の個人エッセイ、さあどうぞ。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 
ベトナムの女の子に「Japanese foodが食べたい」と言われて、
じゃあラーメンに行こうというと決まって嫌な顔をされる。
 
僕は今ラーメンにハマっているので別に意地悪な提案をしているわけではないが、
僕もベトナム生活がもう2年半なので、彼女の言わんとすることはわかる。
「Japanese Food」を日本語訳すると「すし」なんと思う。
 
そこで日本人の友人とよく行く1区の寿司屋さんに連れていくと、
茶碗蒸しは食べられないとか、味噌汁の味がストレインとかいうから、これまた難しい。
確かに喜んでくれるけど、食事代と喜び具合を考えるとコスパは微妙。
 
めんどくさいから適当に考えて、4区のすシコに連れていくと、こっちはウケがいい。
しかも、肝心の寿司をほとんど食べずに、
お好み焼とか海ぶどうとか食べて満足しているのでもうなんかわからない。
 
しかも、醤油にチリ、合わないでしょ? 味噌汁にレモン、ねぇどうしたの?
もうベトナム料理でいいじゃんとツッコミたいけど、喜んでいるので何も言わないておいている。
「Japanese Food」= 「すしが出てくるレストランの何か」なのか、2年半いてもベトナムのことはわからない。
埋め込み画像 6
 
僕の会社はテレビ番組を作っていて、バラエティーショーを中心に、週に26本。
ホーチミンでトップ3に入る会社って社長が言っていて、ちょっと盛っているのかなとも思ったけど、
HTV局のGALAパーティーで表彰されていたからこれは本当。最近はトップ2。
 
今でこそ8割はオリジナル番組を作っているけど、初期は日本の人気番組のリメイクが多かったらしい。
「新婚さんいらっしゃい」「あいのり」「しあわせ家族計画」「はじめてのお使い」そして「パンチdeデート」。
 
平均年齢が30歳前後のベトナムからこそ、恋愛もの家族ものがドンピシャでウケているんとか。
し、日本からそのまま持ってきているのではなく、しっかりとベトナム人のセンスでこねくり回している。
 
例えば、新婚さんいらっしゃいは日本では、
ちょっと変わった新婚夫婦の面白トークと三枝のゲスな質問が売りの軽い雰囲気の番組。
 
でも、ベトナムともっとシリアスに組み立てている。出演するのはちょっと訳あり夫婦が多い。
マザーベトナム的な名物司会者に誘われて、まずは2人の馴れ初めの話から。
当時のときめきを思い出したところで、マザーベトナムが夫婦の不満をヒアリング、そして包み込むようなアドバイス
思わず涙が溢れることもある感動番組の路線なんとか。
出演した夫婦はなぜか子宝に恵まれるというのは、スタッフの中の秘密。
 
こういう「こねくり回し」は僕ら日本人にはできない。どんなに頑張ったってベトナム人の感覚はわからないから。
から、うちは全てベトナム人にお願いしている。
新婚さんいらっしゃいの元ネタが日本って知らない人も多いけど、みんなが楽しんでいるようなのでまあいいや。
 
ここはベトナム、寿司を食べるのはベトナム人。醤油にチリで何が悪い。
 
 
◇◆◆ 4。お知らせ ◆◆◇
 
1)ホーチミン商工会(JBAH)の第1・第2サービス部会にて講演します
 

 ・日時:116日(火)19:00頃から30分ほど(部会自体18:00開始)

 ・会場:ルネッサンス リバーサイド 8-15 Ton Duc Thang Dist.1

 ・講演テーマ:「住んでいるものの意外と知らないベトナムのエンターテイメント事情」

 
僕こそが、必死で勉強中のベトナムエンタメですが、物知り顔でお話いたします(笑
サービス部会の方はぜひ!
 
 
2)在越邦人のためのフリーペーパー『週刊SK』で連載はじめました
 
 ・発行日:毎週月曜(ホーチミン)、火曜(ハノイ
 ・連載タイトル:「ベトナムメディア業界 右往左往」
 
週刊紙ですが、僕の記事は月に1度け。4分の1の確率で僕に当たります。
ほかの4分の1の確率でベトナム女優マスターの清水くんの記事、僕のお気に入りです。
 
 
3)忘年会・新年会を乗り切るサプリメント「ALA-Bio Zn」発売中
 
 ・価格:990,000vnd (テトまでは 10% off)
 ・日本製
 ・5-ALA成分で、疲労回復、二日酔い防止、精力増強、糖尿病予防
 
テレビ屋MCVの兄弟会社HITSが販売元です。
サプリを飲んからって、飲み過ぎは禁物!
 
 
テトまであと1ヶ月。
日本の新年会と、ベトナムの忘年会、仕事も掻き入れどきで、締めどき。
みなさま、お体に気をつけてテトシーズンをお楽しみくさい!
 
 
- -  ベ ト ナ ム エ ン タ メ  よ り  by MCV  - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 
 
◆編集・発行元: MCV Corporation  小森悠
        ◇◆会社紹介・メディアのまとめ >> https://goo.gl/t9fym6 ◆◇
 
◆お問い合わせ:y_komori@mac-c.co.jp  +84-126-715-8967  yuya_komori (Line, Skype)
 番組や広告・有名人に関するお問い合わせ、ご質問、お気軽に。
  
◆配信停止:
 本メールレポートは、小森悠矢と名刺・連絡先交換させていた方にお送りしています。
 必要のない方は、お手数ですが本メールに「件名:送付不要」とし、ご返信くさい。
 
著作権
 「ベトナムエンタメより by MCV Co.」内コンテンツの著作権は、すべて編集・発行元に帰属します。
 本メールの内容の大部分または全部を無断転載、転送、再編集など行なうことはお控えくさい。
 また、引用は、出典を明記いたければ、問題ございません。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -